ビル・RC住宅の雨漏り

シート防水による雨漏り
No.18008

Gアパート様/2018年施工屋上防水工事

シート防水による雨漏り

 にじが丘ショールームにI様より、持ちアパートの最上階の室内で雨漏りしているので見てほしいとのお問い合わせがありました。
 お電話があった当日に当社代表の小原とプランナーの松木が現地調査にお伺いしました。

お話をお聞きすると直前まで入居されていた方が転居された後の室内を見たら、部屋の天井に雨漏りの跡が見つかったそうです。現在入居されている方や建物のためにしっかりとした雨漏りの対処をご希望されていました。
 雨漏りしている部屋の天井には雨染みが確認できたので屋上の防水面を調査させていただきました。屋上の防水はシート防水でシートの下に所々水が入り込んでしまっている状態でした。

※シート防水とは、複数枚のシートを接合し防水層とする工法ですが、接合部から浸水しやすいという大きな欠点があります。一度シートの下に雨水が入り込んでしまうと、シートの下は陽があたらない為に、侵入した雨水が乾きにくく、下地やシートの接着面を傷め続けることになります。厚いシートの下は陽も当たらなければ風も吹き抜けませんので、水はずっと滞留し、下地であるコンクリートは常に湿った状態となります。結果、下地の劣化や接着面の劣化によるシートの剥がれ等を引き起こしむしろシートが無い方が良いような状態に陥ってしまうのです。継ぎ目の有無は防水工事において、防水性能、耐用年数などに直結する大きな要素と言えます。
 公共工事の流れからいまだに使われ続けるこのシート防水だけでなく、後の事を考えずに到底考えられないような施工を行う自称プロの業者は星の数ほど存在します。素人だから分からないと思考停止するのではなく普通に見ておかしいものは誰の目から見てもおかしいものです。見積もりひとつ、施工ひとつにしてもしっかりと検証していくことが重要であると考えます。

施工前

施工中

施工後

施工前

施工中

施工後

施工前

施工中

施工後

 工事は既存の防水面の下地を補修した後に、その上から下地の伸縮に対する追従性に優れたビッグサン6層塗膜防水を行いました。塗膜防水は、シート防水のような継ぎ目がなく、複雑な形状にも対応できる上に、耐用年数も長く、その後のメンテナンスもしやすい施工方法です。雨天の影響もありましたが2週間ほどで完工することができました。

施工担当者
Return Top 今すぐ電話する